駐車場経営で大きな収入を得る方法〜副収入で福収集〜

月極駐車場

月極駐車場という名の駐車場経営による収入は主流ではなかった。

2000年頃までは、都内も地方も月極駐車場という言葉を記載した駐車場が世の中には多かった。多くの子供や一部の大人は『つきぎめ』ではなく『げっきょく』と読んでいたのも事実である。人によっては『月極さんは駐車場をたくさん持っており、駐車場経営』といって勘違いする場合もあった。そんな呼び方があった時代、駐車場経営は安定した収入があることで関東首都圏では特に徐々に流行りだした。特に個人や小さな会社が独自に経営していることが多く、大切な収入源であった。また、駐車場経営者は心が狭く、看板にはよく『契約者以外が駐車すると罰金3万円』などの文言があった。駐車場経営者にとっては臨時収入源であったことは言うまでもない。それでも土地活用においてはマンションなど建てて、家賃収入にすることの方が利回りが良く、当時は駐車場経営は主流ではなかった。

大企業と協力する時代へ

駐車場経営は個人や小さな企業が行っていた時代は終わった。料金場のシステムが自動化されることで、駐車場経営を専門とする企業が育ち始めた。一部の企業は上場するほど安定した収入により、目を見張るほどの高効率の経営を行っている。ガソリン車に変わり、これからは電気自動車などが主流になることで駐車場に充電スポットも備え付けられることが容易に想像できる。そうなれば個人経営する駐車場経営者にとっては、ノウハウをもっている大手企業と連携せざるを得ない状況になるだろう。日本の人口が減少しているため、賃貸マンションを建てるよりは駐車場を作ることでより安定した収入を得ようとするオーナーも増えてくるはずである。また、月極駐車場という言葉も廃れているがいづれは死語となる可能性は十分高い。